生産管理システム「梅」

生産管理システム「梅」のシステム概略

生産管理システム「梅」は徹底した品質管理、正確な在庫管理を行なうためのシステムです。作業開始や終了入力では、バーコードなどを使って指示番号を入れるだけで既定値による処理ができます。
「投入品」、「出来上がりの数」、「作業者」、「作業場所」、「装置」、その他様々な既定値をキメ細かく変更する事もできます。このように最小限の入力で、幅広く対応でき、しかも正確な「工程管理」、「在庫管理」、「進捗管理」、「不良分析」などを可能にしています。


生産管理システム「梅」のシステム概略

不良発生時にロットごと破棄?ピンポイントで不良個所のみ破棄?徹底したトレサビリティー機能で、迅速に不良の影響範囲を特定します

工程管理も工程の分岐や統合など、あらゆるパターンに対応

生産管理システム「梅」の3つの強みと3つのコンセプト

生産管理システム「梅」の3つの強みと、3つのコンセプトで汎用性とカスタマイズ図性の高いシステムへ

システムのベースに生産管理機能を凝縮 徹底した品質管理と在庫管理 柔軟なカスタマイズ対応

信頼性 ユーザビリティ スピード

●不良ロットの影響範囲の特定まで迅速に対応できるトレーサビリティ機能を標準装備
●リアルタイムな在庫管理による在庫過不足予測が可能
●柔軟な工程管理に対応
●製造指示に基づき、作業予定管理や装置負荷状況や作業進捗状況の把握が可能

生産管理システム「梅」の9の機能

No.1

工程管理

詳細

作業指示に基づく進捗管理、装置ごとの作業予定管理、作業者の作業予定管理を 行ない、製品毎に工程毎の進捗状況をリアルタイムに把握します。

No.2

在庫管理

詳細

部材は、個数管理以外に、量管理、端材管理等ができます。仕掛品は各工程に投入中の数、次工程投入待ち数、仕上げ加工に入った数、完成品数、不良品数、保留品数など、リアルタイムで工場毎に細かく管理可能です。

No.3

品質管理

詳細

詳細なトレーサビリティー管理と高度な不良分析を行ないます。 ロットの分割・併合を含め、製造過程を手に取るように詳しく追う事ができます。 また不良の影響箇所をピンポイントで把握する事もできます。

No.4

受注管理

詳細

製品毎の製造指示、製造の進捗管理、受注情報から、確実な納期管理ができます。

No.5

売上管理

詳細

売上したものは、様々なキーワードで検索したり集計したりできます。

No.6

発注管理

詳細

部材料の発注や、加工依頼などの注文書をだしたり、発注残を管理します。 製造の予定から過不足数を把握し、最適な発注に結びつけます。

No.7

仕入管理

詳細

入荷したものは、様々なキーワードで検索したり集計したりできます。 急ぎのものが入荷すると、関係者に業務インフォメーションや携帯メールでリアルタイムにお知らせもできます。

No.8

加工依頼管理

詳細

外注先への加工依頼や、進捗状況の把握、発注残管理などを行ないます。

No.9

支給在庫管理

詳細

製造予定数、支給品(投入品)の外注先在庫数や社内の在庫数などをロット毎に細かく把握できます。外注先でシステムに接続し入力してもらう事で、社内の在庫管理と同レベルでの管理が可能です。

生産管理システム「梅」をさらに詳しく

生産管理システム「梅」のさらに詳しいご紹介は、以下のリンクをご覧ください






ページトップへ